6.SSH設定の変更

SSHを利用するため、設定ファイルを変更します。
ここでは一般的だと思われる設定を紹介します。

★SSHの設定変更
—————————————————————————————————-
[root@localhost ~]# vi /etc/ssh/sshd_config

31行目編集:暗号強度
ServerKeyBits 1024

42行目編集:sshのrootログインを禁止
PermitRootLogin no

54行目編集:rhosts-RSA認証を許可
RhostsRSAAuthentication no

64行目編集:認証方式(yes ・・・ 鍵が必要なし / no ・・・ 鍵が必須)
PasswordAuthentication no

65行目編集:パスワード(yes ・・・ パスワードなしOK / no ・・・ パスワードなしNG)
PermitEmptyPasswords no

最終行追記:SSHユーザの許可
AllowUsers SSHログインを許可するユーザ名

—————————————————————————————————-

★SSHサービスのリスタート
—————————————————————————————————-
[root@localhost ~]# /sbin/service sshd restart
sshd を停止中: [ OK ]
sshd を起動中: [ OK ]

Did you enjoy this post? Why not leave a comment below and continue the conversation, or subscribe to my feed and get articles like this delivered automatically to your feed reader.

Comments

[…] ・「ssh_config」で鍵認証の設定をする[6.SSH設定の変更] ・秘密鍵(id_rsa)は、クライアント側で使用する(取得後は秘密鍵を削除) […]

Leave a comment

(required)

(required)